NEW

睡眠の質低下と糖尿病悪化のスパイラル証明 「睡眠」と「血糖値」の因果関係とは

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

suimintounyou.jpg
糖尿病の人は睡眠をチェック!shutterstock.com

 国際糖尿病連合(IDF)が発表した世界の糖尿病有病数(2014年現在)は、なんと3億8670万人に上っている。世界ランキング1位は中国で9629万人、2位がインドの6685万人、3位はアメリカの2578万人と続く。日本は10位で721万人。前年比720万人に比べれば微増している。世界に比べれば低いが、それでも驚異的な数字だ。隠れ有病者を加えれば倍増するだろう。

 糖尿病の多くは、食べ過ぎや運動不足、夜更かしなど生活習慣の乱れが原因で発症する「2型糖尿病」だ。高カロリー、高脂肪の食べ物を好み、あげくに運動もしない。結果はお腹がつき出て肥満体。悪循環の生活習慣に忍び寄る血液中のブドウ糖(血糖)の増加、やがてインスリン分泌が低下する。これが糖尿病と診断される現実だ。

糖尿病・睡眠障害・肥満の相関関係を科学的に実証

 糖尿病患者は美食家が多い、だから太った人に多い......。こうしたさまざまな俗説が流ているが、今春、大阪市立大医学研究科・代謝内分泌病態内科学の稲葉雅章教授らの研究グループが、糖尿病と睡眠、肥満の相関性を科学的に証明し、話題を呼んだ。