NEW

成海璃子、池松壮亮、斎藤工が共演 『無伴奏』は“学生運動の時代”をどう描くのか?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 成海璃子、池松壮亮、斎藤工が共演する映画『無伴奏』の「特報」映像が公開された。

 「嵐の中に自分を駆り立てていかなければ発狂しそうだ」――成海璃子のモノローグも鮮烈な今回の「特報」映像。直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的小説を、矢崎仁司が映画化することでも注目を集めている本作の舞台となるのは、学生運動華やかなりし頃の日本の地方都市――1969年の仙台だ。

続きはこちら