NEW

中国で拡大する健康格差 家事労働中心で「発展途上国型運動スタイル」の貧困層

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_chinajym.jpg
中国の富裕層は健康のために積極的に運動shutterstock.com

 健康格差という言葉を聞いたことがありますか?例えば、貧困は、不衛生な環境や低栄養をもたらし、感染症の蔓延などを引きおこし、結果的に社会の中で貧富の差による大きな健康格差を生み出します。かつての日本もそうでしたし、今でも発展途上国では大きな問題です。しかし、これは、発展途上国だけの問題ではありません。経済が発展し、衛生環境も向上している、先進国でも、じつは、この健康格差は少なくなるどころか、むしろ広がっていることが明らかになりつつあります。

 ただ、先進国の健康格差は、飢餓や不衛生による感染症というよりは、生活習慣病、うつ病などの精神疾患も含んだ広く複雑な問題です。その原因も単純に貧富の差だけではなく、教育、職業、収入やその国や地域の社会、文化など多岐にわたります。

 生活習慣病対策が大きな課題の予防医学の分野で、この健康格差は「古くて新しい」問題として再び注目を浴びつつあります。たとえば、個人の所得や職業、受けた教育といった、社会経済学的ステータス(Socioeconomic status: SESと略します)が個人の運動量に関係することは、すでに分かっています。

 海外の先進国の研究では、SESの点数が低い集団(収入が低かったり、学歴が低かったりする人々を指します)は健康作りのための運動への取り組みが難しいことがわかっています。