NEW

清原和博、球界から「あきれた…」完全な開き直り&仕事手抜き告白でも「監督やりたい」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『男道』(幻冬舎/清原和博)
 元プロ野球選手の清原和博が、8月28日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)に出演、入れ墨の有無と薬物使用疑惑について言及する一幕があった。

 この日の同番組は、お笑いタレント・松本人志(ダウンタウン)と浜田雅功(同)、俳優・坂上忍が、お好み焼き店で清原を直撃するかたちでトークが展開された。坂上から「入れ墨はあるんですか?」と聞かれた清原は「ありますね」と胸元をチラッと見せ、「小さい時からの憧れで」「引退してから(入れ墨を入れた)」とその動機を説明した。

 浜田からの「野球界に戻りたい気持ちはある?」という質問には「あります」と即答、「入れ墨入れてて……」と苦笑されると「背中一面には入ってないですよ」「東国原さんでしたっけ? 逮捕されたじゃないですか。それでも、知事になれるんですよ」と弁明した。

「(入れ墨は)犯罪じゃないじゃないですか」「真っ白ですよ、僕」と語る清原は、再び浜田から「クスリやってんの?」と聞かれると、「風邪薬はやりましたけど……」「やっぱり、恨みつらみ買ってるんですよ、そいつらが言うんですよ」と、薬物使用疑惑については完全否定した。プロ野球を取材しているスポーツライターは、以下のように語る。

「『球界に戻りたい』と公言しながら、入れ墨の除去には拒否反応を示しており、明らかに矛盾した言動といえます。さらに、東国原英夫元宮崎県知事の例を出したところなどは、完全な開き直りもいいところでしょう。以前もバラエティ番組で『最近、少年野球を観に行くことが多い、楽しい』とアピールしておきながら、プロ野球のピッチャーに対して『最後まで投げろ、アホ』『もっと働け、もっと投げろ』と時代錯誤の精神論を吐いており、まるで自ら球界復帰を遠ざけているようです。

 引退後の清原は、週刊誌上で中日ドラゴンズの落合博満ゼネラルマネージャーへの大批判を展開し、北海道日本ハムファイターズの中田翔選手をこき下ろすなど、やりたい放題でした。清原は現役時代に落合を師と仰いでおり、自身と同じく高校時代からスラッガーとして鳴らした中田については『後継者』と公言するなど、かわいがってきました。それだけに、過去の人間関係をグチャグチャにするような言動に『精神的に不安定なのでは』ともささやかれました。本当に球界復帰できると考えているのは本人ぐらいでしょう」