NEW

記憶力低下の自覚があれば認知症ではない?患者は発症の数年前から記憶障害の自覚がない傾向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

memory.jpg
「記憶力の低下」の自覚があれば認知症ではない!? Rawpixel/PIXTA(ピクスタ)

 社会の高齢化とともに、認知症患者も増えている。認知症高齢者は、2012年の時点で全国に約462万人いると推計されている。厚生労働省が今年1月7日に発表した推計によると、2025年には700万人を超える。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症になる計算だ。約10年で1.5倍にも増える見通しだ。

 社会的な問題となっている認知症において、主な症状が知的能力の低下。初期には記銘力(新しいことを覚える)障害、記憶力障害がみられ、進行が進むにつれて見当識(現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況の把握)障害以降の症状が現れる。

 認知症になる人は、本格的な発症の2~3年前から徐々に自身の記憶障害を認識しなくなる――。記憶障害の特徴のひとつが、新たな研究で判明した。米ラッシュアルツハイマー病センター(シカゴ)のRobert Wilson氏によると、このことは以前から疑われていたが、これまで明確に示されたことはなかったという。

 「自分の記憶力に不安があるとわかっている人は、認知症ではない。将来必ず認知症になるというわけでもない」と同氏は話す。