NEW
重信初江「サッとつくれる一工夫レシピ」

超簡単!究極の豚の生姜焼き!こんなに柔らかく風味豊かに

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生姜焼き用の豚肉は厚みに差がありますが、今回は1枚20グラムのものを使用しました。これより厚みのある場合は、肉叩きや麺棒などで叩き、肉の繊維を壊したほうが、より柔らかく仕上がります。叩くと大きく広がるので、元の大きさに戻しましょう。

 小麦粉は厚くまぶしすぎると逆効果なので、できれば茶こしなどを使い、まんべんなく薄くまぶしましょう。まぶした後に、余分な粉をはたくだけでも違います。また、焼く直前にまぶさないと、肉から水分が出てベタベタになってしまうので、気をつけたいところです。

 肉に調味液をつけてから焼く方法もありますが、焦げつきやすいのでおすすめしません。薄めの肉の場合、焼いてから調味液をからめても、十分に味が染みわたります。

 今回は、生姜を千切りにしましたが、すりおろすよりもシャキッとした歯ごたえを楽しめます。すりおろしと千切りをダブルで使えば、生姜の風味がさらにアップします。

 強めの火なら、肉は3分も焼けば完成します。今夜の夕食にでもいかがでしょうか。
(文=重信初江/料理研究家)

超簡単!究極の豚の生姜焼き!こんなに柔らかく風味豊かにのページです。ビジネスジャーナルは、連載、料理生姜焼き豚肉の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!