NEW
武田鏡村「本当はそうだったのか 歴史の真実」

本能寺の変で、巨大アフリカ人が戦っていた!織田信長の家来「弥介」?日本語も操る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に到来した南蛮人と黒人の姿(「Wikipedia」より/Epiq)
 織田信長が、アフリカの黒人を家来にしていたことをご存じだろうか。

 かつて、ある国会議員が長身の黒人を秘書にしていたことがあるが、信長は身長190センチもある黒人を常に従えて、周囲を驚かしていたのである。信長の側近が書いた『信長公記』には、以下のような記述がある。

「きりしたん国より黒坊主、参り候。年の齢二十六、七と見えたり。惣の身の黒きこと、牛のごとく。彼の男、健やかに、器量なり。しかも強力十の人に勝たり」

 これは「キリシタン国から黒人がやってきた。年齢は26~27歳と見える。全身は黒い牛のようである。この男は壮健であり、その力は10人分より優れている」という意味だ。

 この黒人には「弥介(やすけ)」という名前がつけられていた。徳川家康の家臣で深溝(ふこうず)領主の松平家忠が書いた『家忠日記』には、武田勝頼軍を滅ぼし、東海道から安土に凱旋する途中の信長一行の様子が書かれているが、以下のような記述がある。

「上様御ふち候、大うす進上申し候、身は墨のごとく、丈は六尺二分、名は弥介という」

「信長が扶持を与えている(家来にしている)。ダイウス(デウス:創造主)といわれたキリスト教宣教師が進上した。体は墨のように黒く、身長は六尺二分(約182センチ)。名前は弥介という」といった意味だ。

 この黒人は、『信長公記』に出てきた黒人と同一人物だ。信長から弥介と名づけられた黒人は、どのような経緯で信長の家来となり、信長の死後はどうなったのだろうか。

 また、キリスト教の宣教師に、まったくの異国である日本に連れてこられた弥介は、何を見て、何を感じたのだろうか。残念ながら、今となってはそれを知るすべはない。

見知らぬ黒人を気に入った信長


 弥介を連れてきたのは、日本で布教を行う宣教師の監督役として、イエズス会から派遣されたアレッサンドロ・ヴァリニャーノだ。

 彼は、まず九州各地を視察する。この時、島原領主の有馬晴信が、キリスト教への入信を条件に、ポルトガル船から武器と弾薬を求めた。これに対して、ヴァリニャーノは航海司令官を動かして軍事援助を行っている。晴信の入信により、教会の拠点および布教の拡大を図ろうとしたのだ。

 これを知った大村領主の大村純忠は、ポルトガル貿易の港が自領から有馬領に移されることを懸念した。そこで、ヴァリニャーノに対して、長崎をイエズス会に寄進することを申し出た。長崎を外国の教会領としておけば、隣国から狙われる心配もなく、ポルトガル貿易を続けることができると考えたのである。