NEW

ダイエット通販グッズのロングセラーEMS 「着けているだけで筋トレ効果」は本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

emsmachine.jpg
期待の効果が得られるのか? Kzenon/PIXTA(ピクスタ)

 「EMS」とは「Electrical Muscle Stimulation」の頭文字で、筋肉を電気刺激によって収縮させる運動器具だ。一時は、テレビショッピングや雑誌で紹介されてブームとなった。「装着するだけで驚きの筋トレ効果とダイエット効果!」などの誇大な宣伝文句も、人気を集めた理由の一つだろう。

 今も売れ続けている"ロングセラー商品"。元々は病気やケガ、高齢などで体を動かせない人のリハビリ用、スポーツ選手の筋肉強化用として開発されたものだ。

 ヒトは脳から「筋肉を動かす」という命令を発して神経を通じ、電気信号として筋肉に伝わる。そして、筋肉が命令に応じて収縮することで、意識した運動が起きる。

EMSでは高負荷での筋力の収縮は行えない?

 EMSの場合、脳からの「命令」をスキップする。電極を貼り付けた皮膚から、ダイレクトに電流を神経に流すことで筋肉を収縮させるのだ。

 通常の筋力トレーニングでは自分の意志で筋肉を収縮させるので、力の入れ加減や強度を調節できる。最大筋力に近い力を発揮し続けた場合、体は疲労してそれ以上の力を出せなくなる。だから、限界をはるかに超えて筋肉が収縮してしまう危険性はほとんどない。

 ところが、EMSは人工的な電流によって筋肉を収縮させるので、安全性を確保するには、電流の強さを抑える必要がある。そのため、ウエイトトレーニングのような高負荷での筋力の収縮は行えないと考えられるのだ。