NEW

「週刊ポスト」少年Aの今さら実名報道に週刊誌業界から失笑…安易な元犯罪者叩きはジャスティスハイか、権力に屈した反動か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

post_01_150914.jpg
少年Aの「実名顔写真」を掲載した「週刊ポスト」(小学館)15年10月2日号

 神戸連続児童殺傷事件の元少年Aがホームページを開設したことが大きな騒動となっている。このHPの存在は朝日新聞や「週刊文春」(文藝春秋)「週刊新潮」(新潮社)「女性セブン」(小学館)などに元少年Aが手紙とCD-ROMを送付したことで明らかになったが、挑発的とも思える元少年Aの行動に対しメディアはこぞって“更正などしていない”とバッシング報道を展開。

 本サイトでは、先日の記事で、一部週刊誌が元少年Aの実名や素顔、詳しいプロフィールや近況などを暴露する動きがあると報じたが、その危惧が現実になった。本日発売の「週刊ポスト」(小学館)10月2日号で、「少年Aの『実名』と「顔写真」を公開する」と題された記事が掲載されたのだ。

 記事は、Aの手記『絶歌』(太田出版)刊行や、HP開設を激しく非難するものだ。記事では、冒頭から識者のコメントを使い、AのHPについて厳しく批判してみせる。

「おぞましい罪を犯した自らの世界観を世間に知らしめて、社会に影響を与えたいという自己顕示欲だけが伝わってきます」(犯罪心理学者・矢幡洋氏)