NEW

『ピクセル』故郷に錦を飾る!? ここにきて夏の大作群は大失速

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150915-rankth_.jpg

【リアルサウンドより】

 つい2週間前まで「今年の夏は空前のヒット作連発状態!」と盛り上がっていたのが嘘のように、9月に入ってから冷たい秋風が吹いている日本各地の映画館。最初に整理していくと、「本年度トップは確実! 100億超えもあるか!?」という勢いだった『ジュラシック・ワールド』は5位に転落、先週末の時点で約82億。100億超えどころか、本年度トップの『ベイマックス』の91.6億を抜き去ることができるかどうかも微妙な趨勢となってきた。『ジュラシック・ワールド』とともに今夏の洋画旋風の原動力となっていた『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』は先週末7位。こちらはまだ50億手前で、前作『ゴースト・プロトコル』の54億に届かない可能性も。50億前後の攻防という点では、8位の『ミニオンズ』も同様。ただ、こちらは既にシリーズ前作の約2倍の興収をあげているので、これ以上は高望みと言うべきかもしれないが。

続きはこちら