NEW
浮世博史「日本人が知らなかった、ほんとうの日本史」

もはや爽快!あの男の「恥知らず」処世術!織田信長を裏切り→逃亡→秀吉の家臣…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荒木村重錦絵図(「Wikipedia」より/M-sho-gun)
 私の親戚には軍人が多かったため、子供の頃、お盆やお正月に親戚が集まると、よく戦争中の話を聞かされました。

 駆逐艦に乗っていた元海軍の叔父がいたのですが、こんな話を聞いたことがあります。

「艦船に乗っている時は、なんだかこっちがやられてばっかりのような気がすんねんなぁ。近くに水柱が上がる、被弾する、火が出る、消火する、負傷者を運ぶ、持ち場に戻ってまた撃つ……。やられっぱなしのような気がするんやけど、終わってみれば勝っていた、なんてことはしょっちゅうやった」

 戦いの前線にいると、敵の被害よりこちらの被害ばかりが目につき、全体では勝っていても、負けている印象が強い、ということのようです。

 さて、今回は織田信長の有能な部将の1人である、荒木村重の話です。

 村重は、信長に仕えて高い評価を受け、次々に重要な役割を与えられて出世しました。その村重が、信長を裏切ります。

 昔から、村重の裏切りは大きな謎とされてきました。もともと、村重は摂津国の池田城主、池田家の家臣でした。ところが、近畿地方における勢力拡大を図る三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)から誘われ、池田勝正を追放して池田家の実権を握ります。

 こういった点を鑑みても、村重は戦国時代の下剋上の空気をいっぱい吸っていた人物だと思います。その後、信長の勢力拡大と近畿地方への進出を受け、村重は三好家から信長の配下に移りました。

 足利義昭が信長に追放され、室町幕府が滅亡した1573年に、村重は茨木城の城主を任されます。さらに、伊丹氏を退けた功績を信長に認められ、摂津の支配にまで力を及ぼしました。

 そして、石山本願寺攻めや紀州征伐など、信長にとって重要な戦いにおいて、村重は活躍します。播磨国の豊臣秀吉、丹波国の明智光秀、そして摂津の村重。この3人が、信長による中国の毛利攻めの最前線にいたのです。

 しかし、78年10月、村重が突如、信長に反旗を翻しました。『信長公記』や宣教師のルイス・フロイスが書いた『日本史』を見ると、信長もその裏切りを不思議に思い、光秀らを派遣して事情の説明を求め、「話し合おう」と申し入れをしています。

 それを受け、一度は安土城に向かった村重でしたが、「やはり行かぬ」と引き返し、有岡城に入りました。村重自身も、迷っていたのでしょう。私は、この村重の裏切りについて、2つの説を考えています。