NEW

睡眠不足だと風邪をひくリスクが4倍になると判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kaze.jpg
実際に睡眠不足と風邪には関係が Miya/PIXTA(ピクスタ) 

 睡眠不足は健康を崩し、さまさま病気を引き起こす原因のひとつであるのはご承知のとおり。今回、睡眠不足で体力が低下しているときは、「実際に風邪を引きやすい」ということが、新たな研究で判明。この知見は『Sleep』(9月号)に掲載された。

 この研究の筆頭著者で米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)助教授のAric Prather氏は、「免疫系に対する睡眠の役割は十分に立証されているが、完全には解明されていない」とコメント。今回の研究は、睡眠不足が風邪の原因になると裏付けるものではないが、免疫系の働きや慢性疾患の発症リスクと睡眠の関連を示した既存研究の結果に通じるものだという。