NEW

喫煙よりも「受動喫煙」のほうが危険? 歯周病リスクが男性では3倍以上に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

877845.jpg
副流煙のほうがニコチンが多い!shutterstock.com

 ご存じの通り日本における喫煙率は年々下がり、今は街中や職場での分煙も進んできた。タバコを吸う人にとっては窮屈な世の中になったが、吸わない人にとっては歓迎だろう。それでもやはり、タバコから立ち上る副流煙や、喫煙者から吐き出される煙を吸ってしまう「受動喫煙」を完全に避けることは難しい。

 タバコを吸わない人にとって受動喫煙は、「目が痛くなる」「むせる」などの不快感だけでなく、実際に健康被害をもたらすことが、さまざまな調査研究で指摘されている。この夏に報告された東京医科歯科大学と国立がん研究センターの共同研究チームの研究では、日本人男性は受動喫煙により「重度の歯周病」を発症するリスクが3倍以上も高まることがわかったという。

家族の煙をはっきり避けるから? 女性は影響なし

 この研究は、生活習慣とがんなどの生活習慣病との関連を追跡する「多目的コホート研究」の一環として実施されたもの。1990年に生活習慣などのアンケートに参加した40〜59歳の男女を対象に、歯科アンケートと歯科検診を受けてもらい、1164人(男性552人、女性612人)のデータを採用した。