NEW
熊谷充晃「歴史の大誤解」

昔の人は梅干しを腰にぶら下げてた?こんなにちっちゃいのに、梅干しはもはや奇跡の食品!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 軍隊で配給される携帯用食糧のことを「レーション」という。現代のレーションは、メニューのバリエーションや味などを競う国際コンテストが開催されることもあり、多種多様なものが登場している。加熱して食べるものも増えたため、たとえ前線であってもホカホカの食事にありつけるわけだ。

 メニューも多彩で、主食に数種類の副食がついていることも珍しくなく、デザートやホットコーヒーなども楽しむことができる。

 古代から、洋の東西を問わず、遠征で将軍や司令官が頭を悩ませた問題が、兵士への食糧補給だ。「腹が減っては戦ができぬ」という言葉通り、十分な食糧が与えられないと、兵士の体力が維持できないばかりか、モチベーションにも影響してくる。

 昔は物流手段が少なく、食糧の保存方法も確立されていなかったため、食糧補給が不十分で撤退や敗戦、ということも珍しくなかった。ヨーロッパでも、ナポレオン・ボナパルトが活躍した18~19世紀は、まだ缶詰や瓶詰が活用され始めた頃だ。当時は、パンを焼く窯を荷台に備えた「パン焼き車」はあったものの、原料の小麦を確保するのに苦労していた。

 日本の戦国時代は、当然ながらレトルト食品も缶詰も瓶詰もない。そこで、塩漬けの保存食や自然乾燥させた食糧を用いることになる。

 当時、兵士が戦場に持ち込んだ代表的なレーションは、「糒(ほしいい:干飯)」だ。これは、単純に炊いた飯を乾燥させたもので、パラパラとしている。それを袋などに詰めて持ち歩くのだが、現場では、そのまま口に入れてポリポリと噛んだり、水を含ませて柔らかくして食べていた。ほかにも味噌や梅干しなど、比較的保存がきいて日常的な食材が好まれた。

 また、当時のレーションは支給されるものではなく、「手弁当」が当たり前だった。大名や領主が兵士を動員する時、兵士は同時に武具と食糧を自分で用意することが求められた。

 そのため、農民兵は味噌で煮込み、味が染み込んだ芋がらを持ち込むことがあった。これは、食材のほかに縄のようにして使うこともでき、当時の便利食材として知られていたようだ。そのまま口に入れてもいいし、煮れば味噌汁の代用品にもなる。

 当時のレーションは、決して種類豊富ではないものの、工夫と知恵が詰まっていたわけだ。しかし、当然ながら問題もある。

戦場で梅干しが重宝されたワケ


 例えば、糒は腹持ちはするが、胃腸には優しくない。特に、そのままかじった場合は消化不良を起こすことも多かった。そうなると、戦どころではない。そのため、食糧に恵まれている大名や有力武将ならいざ知らず、足軽などは下痢で戦線を離脱する者も多かったようだ。