NEW
外川淳「日本史の真相」

徳川家康は系図を捏造していた?名家乗っ取りを画策、無関係の人物を「直系」に…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
静岡県浜松市の龍潭寺にある「井伊直政公出世之地」の石碑
 先日、2017年のNHK大河ドラマが『おんな城主 直虎』であることが発表された。女優・柴咲コウが演じる主人公の井伊直虎は、現在放送中のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公である杉文と同じく、知名度は低い人物だ。


 直虎は、戦国ファンには「徳川四天王」の1人としておなじみの井伊直政の養母にあたる。一方、文は吉田松陰の妹だ。文は無名だが、兄の松陰は日本史の教科書などにも登場するほど知名度がある。

 しかし、井伊家は直虎はもちろん、直政も教科書に登場することはない。つまり、17年のNHK大河ドラマは、視聴率で苦戦している今年より、さらに無名の人物が主人公というわけだ。

 では、なぜ直虎が主人公に抜擢されたのだろうか。

 まず、人気ゲーム『戦国BASARA』(カプコン)や『戦国無双』(コーエー)のキャラクターとして登場し、知名度を得たことが挙げられる。また、NHKの歴史教養番組『歴史秘話ヒストリア』では昨年、「それでも、私は前を向く~おんな城主・井伊直虎 愛と悲劇のヒロイン~」として取り上げられており、ある程度注目される要素があったといえる。

 直虎自体は無名でも、織田信長、徳川家康、今川義元をはじめとした戦国武将が登場すれば、視聴者の興味関心をひきつけることはできる。また、直政の幼少時代を演じる子役が人気にでもなれば、話題づくりができ、視聴率にもつながるかもしれない。そんな流れが、17年の大河ドラマの背景にはあったと思われる。

謎が多い直虎の生涯とは


 では、直政の一生を振り返りながら、謎多き直虎の生涯を追ってみよう。

 直政の幼少時代は、苦難の連続だったといわれている。誕生の翌年にあたる永禄5(1562)年、父の井伊直親が主家の今川家に対する謀反の疑いをかけられ、今川氏親によって殺害されてしまう。さらに、遠江国有数の名家だった井伊氏の領地は没収されたため、直政は親族によって養育された。

 直政の不幸は続く。養父が合戦で討ち死にしてしまい、養母によって寺院に預けられ、ようやく命脈を保つことができた。直政の実母は今川氏の家臣と再婚していたが、今川氏の滅亡後、夫が家康の家臣として“再就職”し、やっと寺院から直政を引き取ることができたようだ。

 天正3(1575)年2月。家康は、鷹狩の帰り道に浜松城下で15歳の直政を見かけ、美麗かつ聡明な姿にひかれて家臣に抜擢した。以後、直政は家康の側近として、出世街道を突き進むことになる。