NEW

スキルや専門知識は二の次!仕事がデキる人に共通の根源的要素

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沈黙のうちに時間が過ぎた。そして5分ほどたったときのことだ。20代後半とおぼしき若手社員が、手をそろそろと挙げた。

「よろしいでしょうか」

 部門長がうなずくと、彼はゆっくりと話し始めた。

「ありがとうございます。では、意見を述べさせていただきます。このサービスの調子が良くない理由は、『キャッチコピー』にあると考えています。私が思うに、このサービスの本来のターゲットは『300人以上の企業』です。しかし、現在のキャッチコピーはどちらかといえば『100名程度の零細企業』向けになっており、それが引き合いの少なさの原因と思われます」

 部門長は先を続けるように促す。

「したがって、私が考える案はキャッチコピーを次のように変えることです」

 そして、彼は自分の考えてきたキャッチコピーを披露した。だが、会場からは苦笑が聞こえるのみだった。それもそのはず、彼が考えたキャッチコピーはいかにも稚拙なものであり、どうひいき目に見ても、集客できるようなクオリティではなかったからだ。すかさず、会場からは批判の声が上がる。

「問題はキャッチじゃないでしょう。価格ですよ」
「キャッチというのは間違っていないように思うが、このキャッチではねぇ……」
「なぜこのキャッチが300名以上向けなのか、理由がわからないんだが」

 質問や批判が相次ぎ、彼は落ち込んでいるようだった。だが、部門長は言った。

「非常に良い意見だ。私は気づいていなかった。検討事項に加えよう」

 その後、会議は「キャッチコピー」のみならず、価格設定、ターゲットの再設定、営業の方法まで、多岐にわたって話が展開し、新しい施策がまとまり会議は終了した。

率先力が人を成長させる

 筆者は会議が終わったあと、部門長に質問した。

「なぜ、あのキャッチコピーを『良い意見』とおっしゃったのですか? 素人目にも、クオリティは高くないように感じましたが」

 すると部門長は言った。

「仕事で一番偉いのは誰だと思います?」
「権限を持っている方でしょうか?」
「権限を持っていてもダメな人はダメです。どんな仕事でも、一番偉いのは『最初に案を出す人』なんです。批判なんて誰でもできます。しかし、『最初に案を出す』のは勇気もいるし、何より皆から馬鹿にされないように一生懸命勉強しなければいけません。だから、仕事では最初に案を出す人を尊重するのが当たり前です」

スキルや専門知識は二の次!仕事がデキる人に共通の根源的要素のページです。ビジネスジャーナルは、連載、コンサルタントビジネスパーソン仕事率先力の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!