NEW

再使用待望論が上がる亀倉雄策の「1964東京五輪」エンブレムは5、6分でテキトーに作ったものだった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

1964olympic_151004.jpg
日本オリンピック委員会公式サイトより


 9月1日に佐野研二郎のオリンピックエンブレム取り下げが正式に決まってから1カ月あまり。現在では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会合で、不透明だった前回の選考の反省を踏まえ、今回は過去の受賞歴などは問わず多くの人に参加してもらえるよう意見交換が交わされるなど、新たな選考のための仕組みづくりが急ピッチで進められている。

 そんななか、サノケン問題が大炎上しているときから、ずっとネットで盛り上がり続けている意見がある。それは「1964年の東京五輪の、日の丸のエンブレムをそのまま使ってはどうか?」というものだ。

「1964年のは今見てもかっこいい」「これでよくね」「ほんとに100年残る仕事してるよなぁパッと見てわかる」「これがレジェンドよ、亀倉雄策大先生」