NEW

日本初!? 死刑囚が描いたイラストが小説の挿絵に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

91mAfIjY64L.jpg
※画像:『迷宮の飛翔』(河出書房新社)

 9月に刊行された、蜷川泰司著『迷宮の飛翔』(河出書房新社)に、死刑囚である風間博子の16枚の絵が、挿絵として掲載されている。死刑囚の絵が小説の挿絵となったのは、おそらく初めてのことだろう。

 ページをめくると、はっと目に飛び込んでくる、緻密で繊細なモノクロームのペン画。街の風景にしても人物の姿にしても、きわめて静謐だが、描いた者の激しい情動が封じ込められているように見える。

続きは【トカナ】で読む