NEW

天才女優・川栄李奈の誕生 才能開花で主演舞台に絶賛の嵐、元AKB組で最も成功?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台『AZUMI 幕末編』公式サイトより
 元AKB48川栄李奈の初主演舞台『AZUMI 幕末編』が9月24日、千秋楽を迎えた。川栄は、千手以上ある殺陣や棒術、フライングをこなし、迫真の演技を堂々披露。もともと演技力に対しては評価が高かったのだが、この舞台をきっかけにさらに業界内外の評価を上げたようで、鑑賞に訪れたAKB48総合プロデューサー秋元康氏も「膨大なセリフと殺陣、よく覚えられたなあ。演技も素晴らしかった」と絶賛した。さらに世間からも「歴代最高のあずみ」と推す声が多く上がっているようだ。

「これまでにあずみ役を演じたのは、映画版の上戸彩、舞台版の黒木メイサと川栄の3人。『殺陣のシーンが迫力不足』と評された上戸や、演技全体への評価がイマイチだった黒木に比べ、川栄が歴代最高のあずみだと評価する声が多く上がっています。続編である『AZUMI 戦国編』の主演もすでに決定していますので、場数を踏むことでますます演技に磨きがかかってくるでしょう」(芸能事務所関係者)

 川栄は自身のTwitter上に、楽屋を訪問してくれた著名人たちとのツーショット写真を度々アップしてきたのだが、その中には、川栄が憧れの先輩女優として名前を挙げている満島ひかりの姿もあった。

「満島とは連続テレビドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)で共演し、『(AKB48に入ってからの)5年間で一番うれしいお仕事でした』と語っています。満島はアイドルユニットFolder5で活躍した後、女優業へ転身して大成しましたから、川栄にとって自分の将来像をイメージするのに一番良い先輩なのでしょう。ツーショット写真では、満島からかわいがられている様子が窺い知れます。ほかにもあずみ役の先輩である黒木が楽屋を訪れていたようです。川栄はAKB48時代、大島優子や横山由依といった先輩にかわいがられていたので、女優業でも先輩たちの寵愛を受けて躍進していくのではないでしょうか。AKBを卒業したメンバーの芸能活動苦戦が目立つ中、ひょっとすると川栄が一番の成功者になる可能性も十分にあるのではないでしょうか」(芸能記者)

 今回の舞台出演により、業界内での注目は一気に集まっただろう。今後、舞台だけでなく映画やドラマでも川栄の姿を見る機会が増えてきそうだ。
(文=編集部)