NEW

夫の在宅がストレスに?定年後の夫と向き合うことが苦痛な妻たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_nureochiba.jpg
濡れ落ち葉のようにまとわりつく定年後の夫?shutterstock.com

 更年期の女性の不定愁訴は多岐にわたるため、何が症状の原因になっているのかを突き止め、どうしたらその症状を軽減できるのかを個別、具体的に考えていく必要がある。

 今回も更年期によくみられる症例を提示して、その解決策を具体的に考えてみよう。

●「濡れ落ち葉」のケース

 夫は、先ごろ会社を定年退職した。毎日、家の中でゴロゴロしていて、縦のものを横にすることもない。「おい、お茶」「おい、新聞」などと、ちょっと手を伸ばせば自分でできることでも呼びつける。外出しようとすると、必ずついて来るのも煩わしい。
そんな夫を見るにつけ、最近、ちょっとしたことですぐにイライラするようになった。たまにヒステリーをおこすこともある。更年期の始まりだろうか?

 定年退職後の夫が、特に趣味もなく、暇をもて余して、何をするにも妻の後をくっついてくる様子を、払っても払っても、ひっついて離れない濡れた落ち葉の状態に例えて、「濡れ落ち葉」あるいは「濡れ落ち葉亭主」と呼ぶことがある。また、「主人在宅ストレス症候群」という表現を使う専門家研究者もいる。