NEW

「麻薬王国」に変貌した“幸福の国”ブータン! 危険すぎる粗悪ドラッグ横行か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】


1510_bhutan.jpg
画像は、Arian Zwegers Paro, Taktsang Goemba (Tiger's Nest)/from Flickr CC BY 2.0

 北は中国、東西南はインドと国境を接する“幸福の国”ブータン。人口75万人ほどの小さな同国で現在、薬物事犯の逮捕者が2年前の倍に上るほど急増、薬物汚染が深刻な問題となっている。覚せい剤使用者、所持者には重罪が科せられる同国だが、日本からはその刑期を疑問視する声が多数上がっている。

 2011年に来日したワンチュク国王が「イケメンすぎる」と話題になったことが記憶にも新しいブータン。同国はGDP(国民総生産)ではなく、GNH(国民総幸福量)という独自の指標を掲げている。さらに、GNHの最大化を目標としており、2005年の国勢調査では、国民の97%が「とても幸せ」と「幸せ」と回答。“幸福の国”として知られている。

続きは【トカナ】で読む