NEW
江上隆夫「ブランド戦略ディレクターのぷらっと未来散歩」

ビットコインは、今の「お金」よりずっと優れて民主的である

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 不思議なことに50年、100年スパンで見ると未来への大きな流れは変わりません。しかし、その流れの過程では、小さく渦巻いたり、突然支流が生じたり、停滞したり、一筋縄ではいきません。広告やブランドという常に半歩先、一歩先を見る仕事を長年続け、コンセプト関連の著作もあるブランド戦略ディレクターの江上隆夫氏が、自身のアンテナに引っかかってくる未来の種を「短期、長期の本質的な視点」を織り交ぜながら解説します。

今のお金に足りないこととは?


 10月2日付当サイト記事『財布パンパン問題は、たった1枚のカードで解消できる?』では、お金の未来の姿について考えました。現状の機能はそのままで、利便性を高めるという方向です。では、機能である価値の「交換」「測定」「保存」という点で、お金の未来はどうなるのでしょうか。

 すでに、金融や経済のグローバル化の中で、膨大なお金の動きはコントロールしきれなくなっています。いわば、お金というシステムが機能不全を起こしているのです。

 この原因として、国家通貨そのものが時代遅れになってきていることが挙げられるかもしれません。そして、お金の機能不全をなんとかしようという試みが、少しずつ始まっています。

 例えば、地域通貨という試みがあります。一時期のブームは終わり、現在は商店街やNPO法人が地域活性化の方法のひとつとして運用するケースがほとんどです。

『無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか?』(江上隆夫/SBクリエイティブ)
 個人的には、地域の中のエコシステムのように、国家通貨と欠点を補い合うかたちで流通できないかと思っていますが、まだ商品券程度の働きしかしていないものがほとんどのようです。

 また、その流れで「自由貨幣」などの考え方が、あらためて注目を浴びています。自由貨幣というのは、時間の経過に伴って価値が減っていく貨幣で、「老化するお金」ともいいます。

 もし、あなたの手元にある1万円が、1週間ごとに100円減る性質を持っていたら、どうでしょう。1年たてば、1万円は半分以下の4800円になってしまうわけですから、一刻も早くモノやサービスに変えたくなるはずです。

 自由貨幣は、ドイツ人の実業家で経済学者のシルビオ・ゲゼルが、約100年前の1914年に出版した『自然的経済秩序』で発表したアイデアです。