NEW

「高スペック既婚男性が都合よく離婚して自分のものに!」マンガ『姉の結婚』はアラフォー女性のポルノ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1510anenokekkons.jpg
姉の結婚(1)(フラワーコミックスα)

 今回は、アラフォー女性が、東京での生活に疲れ、戻った地元で恋をするマンガ『姉の結婚』をピックアップ!

※本文中にはネタバレがあります。

 この8月、俳優・山本耕史(38歳)と女優・堀北真希(26歳)の結婚が報道された。ここで特に話題になったのが、「直筆の手紙40通を手渡し」「指輪を持って新幹線で待ち構える」といった、山本の熱烈アプローチである。その結果、ふたりは「交際0日で結婚」に至ったという……なんだそのドリーミィ(夢心地)な超展開は。

 このニュースに、筆者周囲のアラフォー独身男性は色めき立った。「ストーカーアプローチって有効なんだ」「頑張れば俺たちでも20代狙えるかも」。いい年こいて、こちらは別の意味でドリーミィ甚だしいが、それに負けず劣らずドリーミィな文化系アラフォー独女の耳目を集めたマンガがある。『姉の結婚』(西炯子・著/全8巻)だ。

 本作は2012年「このマンガがすごい!」のオンナ編4位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」では第5位を獲得した人気作。20~30代向け女性向けコミック誌「月刊フラワーズ」(小学館)誌上に、2010年から2014年まで連載された。

 主人公は、物語開始時点で40歳目前の独身女性・岩谷ヨリ。東京で不倫などを一通り経験して疲れ果て、地元の図書館に勤務する身だ。仕事ができ、物書きの才能もある文系の才媛。ただし女子力は低く、着るものにも無頓着だが、スレンダーな隠れ美人である。地味系の文化系独女読者がドリーミィに自己を投影できるギリ上限いっぱいの、絶妙な人物設定といえよう。

 結末をいきなりネタバレすると、ヨリは物語序盤で心をつかまれた超イケメン・超優秀な精神科医の既婚男性(地元の同級生)への愛がどんどん深まり、最後にはめでたく結ばれる。

 実は、ヨリには物語の途中でいくつも別の選択肢が用意されていた。堅実な地元新聞記者に求婚されたこともあれば、東京で文筆家になるチャンスもあった。辛い恋で傷つくのはもうたくさん、これから穏やかな人生を送るためには、このあたりが落とし所では?――などと逡巡しまくったヨリだが、結局、もっとも愛した相手とゴールイン。絵に描いたようなハッピーエンドを手にする。まさに現代のお伽話だ。

「サイゾーpremium」で続きを読む