NEW

転移して命にかかわることもある皮膚がん 「ABCDEの法則」でセルフチェック

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_melanoma01.jpg
早期発見であれば9割近い生存率だが・・・shutterstock.com

 皮膚がんのなかで、悪性度が最も高いのがメラノーマ。悪性黒色腫とも呼ばれほくろと一見同じに見えても全く別の病気。進行すると、リンパ節や他の臓器(脳、骨、内臓)に転移して致命的な結果を引き起こす。

 米ニューヨーク大学(NYU)医学部/ランゴン医療センターのDoris Day氏は、「シャワーを浴びた後や夜パジャマに着替えるときにでも、皮膚がんの徴候がないか肌を確認する時間を定期的にとることを勧める」と述べ、それで命が助かる可能性もあると話している。

 屋外に出るとき、子どもに日焼け止めをたっぷり塗る時間はとるのに、自分の肌の保護を怠ってしまう親は多い。皮膚科専門医は、「皮膚がんは年齢にかかわらず、誰にでも発症する可能性がある」と警告している。

 米国皮膚科学会(AAD)の専門家によると、最も致命的な皮膚がんであるメラノーマをセルフチェックするための「ABCDEの法則」があるという。

□A(Asymmetry):左右非対称。ほくろの片側がもう一方と同じでない