NEW

上西小百合議員、年収3千万公表でさらに批判殺到 ふてくされ顔で「ああ言えばこう言う」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国会議事堂(「Wikipedia」より/Wiiii)
 衆議院本会議の欠席をめぐる問題で、4月に維新の党を除名処分となった上西小百合議員。欠席の前後にショーパブのはしごや、男性秘書と旅行していたことが報じられ、秘書との間には不倫疑惑も浮上、8月には自叙伝『小百合』(双葉社)を出版するなど、「お騒がせ議員」として知られている。

 そんな上西議員が、9月27日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ系)に出演、その言動が再び非難を呼んでいる。

 番組では、街中で「上西議員についてどう思う?」というアンケートを実施、「ド厚かましい」「金儲け心丸出し」などの反応が並び、300人中93%の人が「嫌い」と回答した。

 司会のお笑いタレント・上沼恵美子が「こんなに嫌われているのに、なんでお辞めにならないの? 私だったら辞める」と尋ねると、上西議員は「国会を休んで、本当に不倫旅行していたのだったら、みんな嫌いですよ。でも、その前提条件が間違っていたわけですよね。不倫もしなきゃ、旅行もしない……。その日、私が地元にいたことが証明されているわけですから」と反論した。

 その後も、上西議員には「政治家に向いてない」「一度、辞めたほうがいいのでは」といった言葉が浴びせられたが、彼女は「お金が欲しいからという理由で議員ができるほど、そんな甘い世界じゃないですよ」「私はやりたいことがあって、この世界に入った」と主張、議論は平行線をたどった。

 また、司会の高田純次から年収について聞かれると、「たぶん2900万円ぐらい」と即答、共演者のため息を誘っていた。テレビ局関係者が語る。

「上西議員は、上沼らの質問に正面から答えず、はぐらかしたり、曖昧な答えに終始しました。自身のイメージ悪化はマスコミのせいといわんばかりの開き直った態度で、責任転嫁も甚だしいといったところでしょう。結局、現場の空気は最悪で、上沼を激怒させたともいわれています。他番組の収録では、室井佑月とも“バトル”が勃発しており、もはや女性に嫌われる女性キャラが定着しつつあります。

 上西議員は、辞めない理由について、政治家としての信念や志を強調していましたが、その中身や具体的な政策については、まったく語られていません。また、番組のアンケートは彼女の選挙区で行ったもので、有権者からの支持を得られていないのは、火を見るより明らかです」