NEW

性的サービス利用疑惑の妻夫木聡、恋人マイコと結婚できない「ある事情」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 昨年8月、女性誌に女優のマイコとの交際が報じられて以降も順調に関係を深め、年内にゴールインとも報じられていた俳優の妻夫木聡。その妻夫木が、自宅に呼んだエステティシャンに対して過度なサービスを要求していたと、10月7日発売の「週刊新潮」(新潮社)は報じている。双方の両親との挨拶も済み、マイコの左手薬指にはプラチナの指輪が光っていたとも一部で報じられていたが、妻夫木に何があったのか。

 新潮記事によると、エステティシャンを自宅に呼んだ妻夫木は、通常のオイルマッサージでは飽き足らず、過度なサービスを要求し、提供を受けたという。

「妻夫木が使用したとされるメンズエステとは、露出度の高い服を着た女性が男性客にマッサージをする、最近流行りの店です。表向きがマッサージ店なので、男性からの依頼を断りやすく、女性からも人気の商売なのです」(雑誌編集長)

 妻夫木の所属事務所であるホリプロは、「(妻夫木は)確かにそのお店を利用したことがあります。しかし、ご指摘のような事実はない」と性的マッサージについては否定している。

 真偽はともかく、一番気になるのがマイコとの今後の関係である。「今回の報道についてはマイコさんが寛容であったとしても、さらに一つ高い壁が妻夫木さんの前に立ちはだかっています」と語るのは、飲食店関係者だ。

「その壁とは、マイコさんの母親です。お母様はワインがお好きで、よくワイン会を知人と催しているのですが、その時にたびたび漏らすのが、妻夫木さんへの愚痴なんですよ。『妻夫木さんって、学歴もないし、収入もねえ……』と言うのです。父親がアメリカ人のマイコは、聖心インターナショナルスクールに通い、クラシックバレエを16歳までやっていた生粋のお嬢様ですからね。知名度は妻夫木さんのほうが上だとしても、母親からすれば条件がまったく満たされていないのでしょう」

 そんなマイコの母親から受けるストレスを、妻夫木はマッサージで癒やしたかったのかもしれない。

「34歳の妻夫木には、身長も学歴も変えられませんからねえ。となればCM出演で収入を増やすしかないですが、今回の報道を受けてオファーする企業が減ることは間違いないでしょう」(広告代理店社員)

 妻夫木とマイコの年内ゴールインを願うばかりである。
(文=編集部)