NEW

飲酒姿も…ももクロ、衰えと失速にファン悲嘆?「がむしゃらさ」消失か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
“エビ中”の愛称でファンから親しまれているアイドルグループ私立恵比寿中学が、今月21日発売の9thシングル『スーパーヒーロー』リリースに先駆け、1日に同曲のミュージックビデオをオフィシャルサイトにて公開。ファンからは、オリコンシングル売上ランキング首位獲得に向けて、期待の声が高まっている。

「エビ中は、ももいろクローバーZと同じスターダストプロモーションに所属し、ももクロの妹分として活動をしてきましたが、今やその勢いはももクロに勝るとも劣らないといわれています。去年発売した7thシングル『ハイタテキ!』が3位、今年6月に発売した8thシングル『夏だぜジョニー』が2位と、着実に順位を上げていることから、今回の『スーパーヒーロー』で悲願の1位を獲得するという声が高まっています。CDの売上だけでなく、ライブパフォーマンスもブレークした頃のももクロのがむしゃらさを彷彿とさせるところがあります。今年2月には念願だった『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、廣田あいかのアニメ声やパフォーマンスが話題となり、翌々週の放送にも出演して知名度を一気に上げました」(音楽業界関係者)

 その一方で、姉貴分であるももクロの失速を指摘する声も出ているようだ。

「がむしゃらさや勢いがなくなったと指摘する声は、業界内でも少なからず上がっています。最年長の高城れにが22歳。最年少の佐々木彩夏も来年で20歳を迎えてしまうので、低年齢化が進む昨今のアイドル業界では、もはやベテランの域に達しているともいえます。先月25日に動画サービス『Ustream』で配信された24時間特番『ももクロ24time TV in アータン~water. winter. someday なんたー?~』では、高城以外の成年メンバーが飲酒する姿を見せ、ファンを悲嘆させる一幕もありました。ファンからは『もう少しエビ中のがむしゃらさを見習え!』との厳しい声も聞こえますが、飲酒が常習化して、ももクロ自慢のアクロバティックなパフォーマンスに支障をきたさないかが心配です……」(同)

 果たしてエビ中の下克上は起こるのか。目が離せない。
(文=編集部)