NEW

危険な菌汚染はこんなところで広がる!トイレのエアジェット、洗濯機、ドアノブ…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より

朝起きてからの管理の徹底が必要

 ノロウイルスの対策は、通常行っている衛生管理の基本を徹底するしかありません。効果的なノロウイルス対策は何もありません。

 幼稚園で学んだことが一番大切です。それは、食事の前に必ず手を洗うこと。外食に行っても食事の前に必ず手を洗うことを徹底すれば、ノロウイルスはある程度防げるはずです。

 日常の個人衛生管理と健康管理の徹底が、ノロウイルスによる食中毒事故を起こすかどうかの分かれ目になると思います。
 

下痢、発熱の症状があるときは出勤しない

 下痢や38度以上の発熱などの症状があるときは、職場に出勤しないというルールを定め、毎朝の確認を徹底します。お酒の飲みすぎによる下痢などもありますが、睡眠不足などで体力が落ちているときはウイルス感染にかかりやすくなります。

 特に食料品を取り扱う仕事に従事している人は、飲み会などでも体調管理を考えて牡蠣などの二枚貝を避けるなど、注意して飲食することが重要です。日々、自己の体調管理をすることがもっとも大切な点なのです。

 下痢は自己申告してもらうしかありませんが、体温は簡単に耳などで測定できますので、毎日の点検に加えることが必要です。

作業着は加熱工程がある洗濯方法によって行う

 筆者の経験では、弁当工場の半分以上は、作業員が家庭で作業着を洗濯しています。家庭で作業着を洗濯する際は、一般的に下着などと同じ洗濯機で洗いますから、家族の中にノロウイルスの感染者がいた場合は、洗濯中にノロウイルスが作業着に付着する可能性があります。作業着だけでなく、前掛け、エプロンなども家庭で洗濯をしている場合も多いと思います。

 家庭で洗濯する場合に、作業着へのウイルス付着を防ぐ有効な方法は、塩素系の洗剤を使用し必ずアイロンをかけることです。熱で殺菌されますので、洗濯のあとにアイロンをかけることは有効です。毎朝の入室確認でも、アイロンが掛かっていなければ見た目でわかりますので、アイロンがけの徹底をお勧めします。

 もちろん、専門の作業着洗濯業者に任せるのが一番の対策になります。包装後加熱工程のない食品を製造しているメーカーでは、作業員が作業着を工場でから持ち出すべきではないと思います。