NEW
北嶋佳奈「忙しいあなたへ うちらくレシピ&栄養学」

さあハロウィンだ!今年はこの名物料理でさらに盛り上がり&腹ごしらえ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かぼちゃのガーリックベーコン巻き
 10月の一大イベントといえば、ハロウィンです。仮装をした若者たちで街が賑わいますね。


 仮装をしてパーティーとまではいかないけれど、せっかくだからなんとなくハロウィン気分を味わいたい――。

 そんなとき、かぼちゃを使った料理をつくってみませんか? 簡単にできる、ワインにぴったりのおつまみを2品ご紹介します。

かぼちゃのガーリックベーコン巻き


【材料】(作りやすい分量)

かぼちゃ…80~100g
ベーコン…3枚
オリーブオイル…大さじ1
にんにく…1かけ
塩、ブラックペッパー…少々

【作り方】

1.かぼちゃは1cmの厚さ(6枚になるよう)にスライスし、耐熱皿にのせふんわりラップをしてレンジ(600w)で1分ほど加熱する。ベーコンは半分に切る。にんにくはスライスする。
2.ベーコンでかぼちゃを巻く。
3.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火にかける。香りが立ってきたら2を両面がこんがりするまで焼く。
4.ブラックペッパーをふり、皿に盛る。

かぼちゃとソーセージのカマンベールチーズ焼き


【材料】(作りやすい分量)

かぼちゃ…80~100g
ソーセージ…3本
カマンベールチーズ…1/2個(小分けのものなら3かけ)
ブラックペッパー…少々

【作り方】

1.かぼちゃは8mmの厚さにスライスする。ソーセージは斜め半分に切る。
2.かぼちゃをグラタン皿(レンジ対応のもの)に並べ、ふんわりラップをしてレンジ(600w)で1分加熱する。
3.2にソーセージを散らし、再度ラップをしてレンジで1分加熱する。
4.3にカマンベールチーズをちぎって散らす。オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。ブラックペッパーをふる。

 どちらも5〜10分ほどで完成する簡単おつまみレシピです。色がキレイなかぼちゃは見栄えもするので、1品加えるとテーブルが華やかになりますよ。

 かぼちゃにはご存知の通り、ベータカロテンが豊富に含まれています。ベータカロテンは色素成分であり、強い抗酸化力を持っています。抗酸化力というのは体内の酸化、つまり老化を防ぐ作用です。また、体内で必要に応じてビタミンAになり働きます。

 ビタミンA自体は摂りすぎることで過剰症が心配されますが、ベータカロテンとして摂取していれば必要な分だけビタミンAとして働くので安心です。ビタミンAにも抗酸化作用があり、また粘膜の保護に関わるため、乾燥してくる季節にウィルスが入らないよう免疫力を高めてくれます。

 かぼちゃには食物繊維も豊富です。これらベータカロテンや食物繊維は、実の部分よりも皮に多く含まれているので、皮ごと食べることをオススメします。

 かぼちゃを食べて老けない体づくりを目指しつつ、ハロウィン気分を楽しみましょう!
(文=北嶋佳奈/管理栄養士、フードコーディネーター)