NEW

風俗常連疑惑の妻夫木聡に周囲がドン引き…マイコとの結婚に暗雲

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 俳優・妻夫木聡のプライベートを心配する声が、芸能界関係者の間から上がっている――。

 10月7日発売の「週刊新潮」(新潮社)は、妻夫木が露出の多い衣装をまとった女性から施術を受けるエステ店を複数回利用していたと報じた。施術が行われた妻夫木の自宅マンションの内装から、妻夫木が過度のサービスを要求する発言内容まで、関係者の証言として事細かに掲載されている。

「記事内の驚くべき点は、所属事務所であるホリプロが、妻夫木の店舗利用をハッキリと認めていることです。当然、過度なサービスの利用に関しては否定しています。妻夫木ほどの有名俳優の事務所が、こうした店舗の利用を公に認めるというのは、おそらく初の事態ではないでしょうか」(週刊誌記者)

 そこで気になるのは、“年内結婚説”も報じられている交際中の女優・マイコの存在だろう。

「両者の熱愛をめぐっては、一時期こそ噂の域にすぎなかったものの、現在では本人たちも交際を認める公のカップルになっています。公言するのが遅くなった背景には、マイコの両親、特に母親が妻夫木を娘の結婚相手として認めていなかった点が挙げられます。マイコの母は親しい知人らにも『彼はちょっと……』とこぼしていましたが、本人同士の真剣さが伝わったのか、ようやく結婚を認めることとなったのです」(同記者)

 しかし妻夫木が利用していたという店舗「M」は、「複数メディアが確認していた妻夫木の住むマンションから、目と鼻の先。サービスは自宅だけではなく、店舗で利用することも可能なだけに、最初は店を直接訪れていた可能性もある」(同)という。

「妻夫木はマイコとの新居を探しているという報道もありましたが、現住所は妻夫木がサービスを受けていた部屋。つまり、ゆくゆくは手放す物件だったとはいえ、マイコも通っていた部屋を利用していたということになります。マイコや両親が不快な思いをするのは当然でしょう。妻夫木とマイコの共通の知人らからも、『マイコが可哀想』とドン引きする声が出ています」(芸能事務所関係者)

 もはや結婚秒読みとされていた妻夫木。軽い火遊びではすまなくなりそうだ。
(文=編集部)