NEW

デスクワーカーが陥りがちな体の不調は、1回30秒の「背伸びエクササイズ」で楽になる!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『長く健康でいたければ、「背伸び」をしなさい』著:仲野孝明/サンマーク出版

 姿勢が悪いと印象が悪くなる。つまり、マナーのひとつとして姿勢を良くしようと思う人は少なくないでしょう。しかし、姿勢の良し悪しは印象を左右するだけではありません。その人の健康に大きな影響を与えることもあるのです。

 『長く健康でいたければ、「背伸び」をしなさい』(サンマーク出版/刊)の著者、仲野孝明さんの肩書きは「姿勢治療家」。本書によれば、姿勢が悪くなると、内臓や脳がゆがみ、結果として、肩こり、視力の低下、高血圧、手足のしびれ、うつ病など、様々な症状を引き起こすといいます。

 なぜ姿勢が悪くなると、これらの症状を引き起こしてしまうのでしょう。

 まず姿勢が悪いと、背骨や骨盤の位置がズレてしまいます。その結果、体の中の空間が狭くなり、内臓が正しい位置におさまらなかったり、余分な傾きが加わってしまったりして、内臓に大きな負担をかけてしまうために疾患へとつながってしまうのです。

 また背骨は脳と体の各部位をつなぐ神経の通り道としての役割も担っているため、ここがゆがむと神経が圧迫されてしまいます。すると、体からの情報がうまく脳に伝わらなかったり、逆に脳からの指令が体に行き届かなくなります。その結果として、指先のしびれや足のむくみといった症状があらわれるのです。

 では、どのような要因で姿勢は悪くなってしまうのでしょうか。実は、普段パソコンの前に座って仕事をしている人が陥りがちな、姿勢を悪くしてしまう“罠”があります。ここでは2つの例をご紹介しましょう。

■パソコンのモニターの高さが合っていない

 人間の頭は、体重の8~13%ほどの重さがあると言われています。そして、首の角度が15度傾いただけで首にかかる負担は約12キログラム、つまり首が背骨の上にまっすぐある状態の2倍以上もの重さがかかるとも言われています。

 これらのデータから「下を向いた」状態で長時間作業をすることが、どれだけ体に負担を強いるのかが想像できます。

 その意味で、デスクワークであれば、注意を払いたいのがパソコンのモニターの高さ。本書ではモニター位置が低すぎたために、長年、肩こりに悩まされていたという女性の例が紹介されています。この女性の場合、モニターの位置が低すぎたせいで、常に「下を向けて」作業をしてしまっていました。これが肩こりの原因だったのです。

 仲野さんのアドバイスにより、この女性は、背伸びをして座った状態で、顔の正面に画面の中心が来るよう、モニターの高さを15センチほど高くしました。すると、頑固な肩こりがあっという間に解消されたそうです。

■マウスとキーボードを奥に置いてしまっている

 モニターの高さとあわせて、デスクワークの人にぜひ気をつけてもらいたいのが、マウスとキーボードの位置。仲野さんによれば、キーボードやマウスを奥に置いてしまうと手が前に出すぎてしまい、肩が丸まってしまうといいます。これの何が問題なのでしょう。