NEW

グラビア誌での人気顔は景気が左右する?好景気の時はぽっちゃり顔が人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kao2.jpg
“景気”と“顔の造作”の相関とは? 人工知熊/PIXTA(ピクスタ)

 俗に「しけた面(ツラ)」といえば、ぱっとしない雰囲気を指す。ちなみに“しける”とは暴風雨で海が荒れるという意味の「しけ」を動詞化したもの。風雨で海が荒れること、さらに海が荒れて不漁であることを意味することが転じ、不景気であることや金回りが悪いことを意味するようになった。

 さて、この「しけたツラ」を、アメリカの心理学者であるテリー・F・ペティジョン2世が「不景気な顔」と「景気のいい顔」について具体的に研究した。興味を引くのは、分析した題材がグラビア写真だったことだ。

 ペティジョン2世は1999年、「環境保障に関する仮説」という論文を発表した。その仮説とは、「米国では“景気”と“顔の造作”(人気モデルや女優、歌手)には相関がある」というものだ。

 それによると、不景気なときには「安心感」をもたらす顔が人気になるという。キーワードは、独立心、力強さ、専門的、成熟、支配的、悪賢さ……。

 具体的にいうと、「面長」「目が小さい」「顎が尖っている」のだという。こういう顔が、「不景気をものともしない頼れる女性」とアメリカ人は感じるらしい。

 一方、景気がいいときには「若々しさ」が人気になる。キーワードは、ナイーブではない熱気、やさしさ、無邪気さ、誠実さ。具体的には「ぽっちゃり顔」で「大きな目」、「ふっくらとした頬」、「なだらかな顎」だという。

女性ヌード写真を分析し仮説は実証されたが……

 ペティジョン2世は2004年、この仮説を裏付ける研究を行い発表した。有名男性誌『PlayBoy』のグラビア写真を40年間(1960~2000年)分、分析したのである。