NEW

エイベックス離反でJASRAC「不信」露呈…音楽業界のJASRAC「離れ」加速か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不透明なJASRACのお金の流れ


 今回、エイベックスが楽曲管理を委託するイーライセンスでは、CDの場合の使用料は5%でJASRACの6%より安い。管理事業者への手数料が安くなれば、著作権者への還元が増え、放送局やレコード会社のコスト削減につながり、消費者への商品およびサービス提供も安くできる。

JASRACは入ってきた使用料をどう振り分けているのか、公開していません。そのため、音楽事業者の間には『本当に著作権者に還元されているのだろうか』という疑問や不信感が、以前からありました」(碓井氏)という背景も、今回の“JASRAC離れ”の一因であることは否めないだろう。

 いずれにせよ、エイベックスに追従する動きが広がるかどうか、その動向に注目したい。
(文=編集部)

エイベックス離反でJASRAC「不信」露呈…音楽業界のJASRAC「離れ」加速かのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、JASRACエイベックス著作権音楽の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!