NEW

競馬専門紙も知らない菊花賞マル秘情報!人気馬に不安情報、4年連続的中のプロの自信予想

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元JRA調教師が提供するプロの情報とは

傑出馬不在の菊花賞は波乱含み

 先週行われた第20回秋華賞に続き、今週は第76回菊花賞が行われる。菊花賞は過去にオルフェーヴル、ディープインパクトといった日本競馬史に残る名馬が勝利した伝統のクラシックレース。今年は皐月賞と東京優駿(日本ダービー)を制した二冠馬ドゥラメンテをはじめG1ホースが不在という混戦模様で、多くの予想家やマスコミが波乱のレースと騒ぎ立てている。

 とはいえ、出走馬は演歌歌手の北島三郎氏が所有するキタサンブラック、セガサミーホールディングス代表の里見治氏が所有するサトノラーゼン、経営破綻となった脱毛エステ大手ミュゼのオーナーが手放したミュゼエイリアン、超一流の血統馬リアルスティールなど、なかなか個性的なメンバーが揃った。

日本ダービー2着のサトノラーゼンも有力の一頭だ

 先週の第20回秋華賞は、1番人気馬ミッキークイーンが優勝しながら3連単馬券は800倍を超えるなかなかの好配当となったが、この菊花賞は過去に10万馬券が何度も飛び出すなど馬券的にも注目の一戦。

 そこで今回、競馬情報のプロフェッショナル集団として有名な競馬情報サイト「マスターズ」に、菊花賞に向けて最新情報を聞いた。

秋華賞8万馬券的中の勢いに乗るマスターズ

--秋華賞も見事的中したと伺いました。この秋の的中実績はいかがですか?

マスターズ担当者 先週の秋華賞は、当社の入手した情報通り、本命のミッキークイーンが圧倒的な勝利を収め2冠を達成。

 マスターズは、1冠目の優駿牝馬(オークス)の際もミッキークイーン(当時3番人気)を確信の本命公開にて3連単2万150円万券を的中、最上級の情報ランク「10倍額勝負」に指定された先月のローズステークスでも本命公開で的中させました。当社の超ドル箱的存在でもあります。

 マスターズの最終決断は、一般ファンが目にする専門紙やスポーツ紙に載る話や決断とはまったく異なります。

 今回ミッキークイーンが大外枠に入ったことで、専門紙などは「6戦して4回出遅れる馬。内回りだけに、この大外枠は不安を増した」などと書き立て、本命としている予想がひとつもない新聞もありました。

 ところが、ミッキークイーン陣営は、「スタートに課題のあるこの馬にとっては、後入れの偶数枠、ゲート入りも最後なのは申し分ない。出遅れるリスクは最大限に減った。中途半端な枠を引くより大外枠のほうがレースはしやすい」と大外枠を歓迎していたのです。