NEW

【死刑囚の実像】村八分の妄想に陥った凶悪犯の孤独に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

――人を殺した人と会う。死刑囚の実像に迫るシリーズ【9】

bj-ThinkstockPhotos-dv360033.jpg
画像は、イメージ

 今年7月、山口地裁で行われた裁判員裁判で死刑判決を宣告された保見光成(65)。判決によると、保見は2013年7月21日の夜から翌22日の午前中にかけ、山口県周南市の山あいにある金峰(みたけ)の集落で、70~80代の住人5人を次々に木の棒で頭などを殴って殺害。さらに被害者の住居2軒に放火し、全焼させた。実行したことだけを見ると、まぎれもない凶悪殺人犯である。

 だが、そんな保見に対し、インターネット上では「かわいそう」と同情の声が湧き上がっている。保見が事件前、現場の集落で被害者ら住民たちから「嫌がらせ」を受けていたという情報が流布したためだ。結論から言うと、それはガセ情報だが、保見は別の意味で「かわいそう」と言える人物ではあるかもしれない――。

続きは【トカナ】で読む