NEW

大バッシングの予感? 苦戦続くフジテレビが遂に“タブーCM”解禁を模索か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイト「トカナ」より】

1013pachinko_main.jpg
※イメージ画像:photo by ivva from flickr

 民放テレビ局にとって、なくては困るものと言えばテレビコマーシャルである。スポンサーCMを番組の合間に流し、これが番組制作費やスタッフの人件費となり、テレビ局も潤っている。

 しかし、いくら“スポンサー様”とはいえ、どんな企業のどのようなCMでも無条件に流しているかといえば、実はそうでもないという。

「基本的に公序良俗に反する企業のコマーシャルを流すことはありません。かつては、消費者金融のCMも多重債務者を生み出した背景からNGでした。さらに、今現在も東京や大阪のキー局ではパチンコ店のコマーシャルは流せないことになっています」(代理店関係者)