NEW
丸茂潤吉「歴史的人物の恥ずかしい過去、知られざる過去」

豊臣秀吉はアルツハイマーだった?晩年の奇行、謎だらけの茶会中止…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊臣秀吉(「Wikipedia」より/Tabularius)
 1587(天正15)年、九州を平定した豊臣秀吉は、京都の北野天満宮で「無礼講の大茶会」を開催した。世にいう「北野大茶会」である。

『北野大茶湯之記』という史料によれば、秀吉は「身分は構わぬ。茶好きは集まれや。わし自らが茶を立てる。茶がないなら、麦こがしでもいい。中国や朝鮮、世界中から集まれ」と言ったという。

 そして、約2万坪の広大な敷地に茶人たちが集った。このイベントの目玉は、秀吉が来客者に直接お茶をいれてくれる“抽選会”だ。秀吉秘蔵の茶器も公開され、時代を代表する茶の湯のスター・千利休をはじめ、津田宗及、今井宗久など錚々たる顔ぶれが参加している。

 しかし、10月1日から10日間の開催と予告されていた大茶会は初日で終了し、翌日未明には後片付けが始まっている。

 なぜ、北野大茶会は突然終わってしまったのだろうか。今回は、この謎を解く鍵に迫りながら、茶会を振り返ってみたい。以下、有力とされる7つの説を検証していこう。

今も謎が多い突然の茶会中止


(1)一揆の勃発が影響した説

 茶会の当日、秀吉が茶を楽しんでいると「九州で一揆が勃発した」という報が入る。肥後国(現在の熊本県)を治めていた佐々成政が失政したのだ。

『多聞院日記』によれば、秀吉はこの情勢の急変により、急遽茶会を中止したといわれている。ただ、この説が決定的でないのは、『多聞院日記』の著者である英俊は北野大茶会に参加しておらず、日記の解釈に異論があるからだ。

(2)“人間ミキサー”疲労説

 秀吉は茶席に座りっぱなしでひたすら茶をかき回し続けた結果、疲労困憊してしまい、初日で音を上げたというものだ。これは、日本史学者の芳賀幸四郎が『千利休』(吉川弘文館)で論じている。

 当日の客数を『兼見卿記』に従い803人とすると、千利休らを含め4人で臨んだとしても、1人当たり200人はさばかなければならない。いずれにせよ、相当な負担だったことが予想される。

(3)もともと、初日のみ開催予定だった説

 開催直前に「1日限り」に変更されたとする説だ。これは、歴史学者の村井康彦氏が唱えている。つまり、茶会は予定通り行われ、予定通り終わったということだ。

 根拠となるのは、千宗巴が兄の利休あてに送った手紙に、初日の朝の茶会しか触れられていなかったことだ。歴史学者の桑田忠親が紹介した利休の書状にも、茶会初日の道具組しか書かれていない。