NEW

星野源と二階堂ふみの交際報道、共通点はダサいファンが多い点?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

1029nikaihoshino_main.jpg
※イメージ画像:左『働く男』文藝春秋、右『TATTOO girls(13)』双葉社

 一部スポーツ紙で、シンガー・ソングライターで俳優の星野源(34)と女優の二階堂ふみ(21)の熱愛がすっぱ抜かれた。ふたりは13年に公開された映画『地獄でなぜ悪い』で共演したことで知り合い、さらに今年公開されたweb映画で共演したことをきっかけに交際へと発展したという。星野は、解散したインストゥルメンタルバンド・SAKEROCKのリーダーを務めたつつ、ソロ活動も行い、また俳優としても活動するなど、マルチに才能を発揮している期待の若手。また、二階堂も12歳のころにフリーペーパーでグラビアデビューを果たした後に、雑誌『ニコラ』で専属モデルを務め、07年から女優デビュー。その後、映画の主演も相次ぎ、演技力・ファッションセンスなどの高さが評価されている注目株だ。

 だが、このふたりには、新進気鋭の俳優という以外にも共通点がある。それが“サブカル”“こじらせ”、いわゆる“サブコジ”のファンを多数抱えていることだ。

続きは【トカナ】で読む