NEW

生まれてすぐに袋詰めにされて殺される子犬たち、劣悪な“ガス室待ち”の環境…! 犬の殺処分問題について山田あかね監督が語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

DSC_0155.jpg
犬に名前をつける日』山田あかね監督と愛犬のハル

 年間12万8241頭の犬や猫が殺処分され、1日に約350頭の命が失われている日本(2013年度)。そんな現状を、ドキュメンタリードラマという手法を用いてわかりやすく伝えた映画『犬に名前をつける日』が、10月31日にシネスイッチ銀座ほか全国で公開される。監督は、自身も愛犬家である山田あかね氏。4年にわたる取材で記録された200時間を超える映像を編集した本作では、殺処分される犬だけではなく、悪質なブリーダーによって、狭に檻に閉じ込められガタガタになるまで繁殖させられた犬の様子や、福島の原発20キロ圏内に放置された痩せこけた犬など、ショッキングなシーンも多い。しかし、反対に動物たちを救おうとする懸命な人々の姿や、力強く生きようとする犬の姿には感動で涙が出るほどである。今回はそんな山田監督に、犬の殺処分の現状についてうかがった。

続きは【トカナ】で読む