NEW

骨折した観月ありさも!? 40代女性の4人に1人が骨粗鬆症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

brokenbones.jpg
骨粗鬆症患者は予備軍まで含め2000万人超 Bignai/PIXTA(ピクスタ)

 先頃、自身のブログでブルガリのジュエリーとオートクチュールのウエディングドレスに身を包んだ写真を披露し、喜びいっぱいの結婚報告をした女優の観月ありささん(38歳)。ドレスからすらりと伸びた美脚と変わらぬスタイルには、感嘆の声が上がった。ところが今年8月、観月さんは足を疲労骨折。毎日のジョギングが原因ではないかとのこと。

 また、女優の栗山千明さん(30歳)は今年8月、雨に濡れた道路で足を滑らせ転倒し右脚の脛を複雑骨折。全治2カ月の大ケガを負った。「脛の骨を複雑骨折するなんて骨粗鬆症じゃないの」などとアンチファンは陰口を叩くが、真偽のほどは不明だ。

 さまざまな要因がからみあい、最近では高齢者ばかりでなく、子どもや若者の骨折リスクは無視できない件数となっている。たとえば、独立行政法人日本スポーツ振興センターのデータによると、子どもの骨折発生率は、2011年度には40年前の約2.5倍、20年前の約1.5倍に増えている。

女性に骨粗鬆症が多いワケは?

 日本骨粗鬆症学会によると、今から約10年前の2005年度の時点で、骨が劣化して腰痛や骨折を引き起こす「骨粗鬆症」患者が、総人口の約1割、約1280万人を超え、うち約980万人が女性だということが明かになった。しかも、40代女性の4人に1人という。