NEW

宮崎の認知症暴走 相次ぐ精神疾患ドライバーによる事故の防止策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kuruma.jpg
防止策は“未来カー”に? Syda Productions/PIXTA(ピクスタ) 

 10月28日、宮崎県宮崎市の歩道に軽自動車が乗り上げて暴走し、歩行者など6名を次々とはねて2名が死亡する痛ましい事故が起きた。運転していたのは、そこから約100kmも離れた鹿児島県日置市に住む70代男性だった。

 テレビや新聞などの報道によると、男性は2日前まで認知症で入院していたとの情報もあり、既往症と事故の関連が今後の捜査の焦点となっていくだろう。

 認知症あるいは精神疾患の既往歴のあるドライバーの暴走事故が、ここ数年で目立つ。今年8月には、東京・池袋でてんかんの既往症をもつ40代の男性医師が駅前を暴走し5人の死傷者を出す事故を起こした。2011年4月には、栃木県鹿沼市でクレーンを運転中の20代男性がてんかんの発作を起こし、登校中の小学生の列に突っ込み児童6人が死亡した。

 また、高齢者による高速道路の逆走や、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故は、頻繁に報道されている。警察庁のまとめによれば、高速道の逆走は2014年1年間で224件起きており、そのうち27件が認知症によるものだという。