NEW

『ちびまる子ちゃん』『サザエさん』に、カオス&怖すぎる「神回」があった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サザエさん HP」より
 今年10月から、人気アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)の磯野フネを担当する声優が、麻生美代子氏から寺内よりえ氏に交代したことが話題になった。馴染み深い“初代フネ”の声を聞こうと、麻生氏の最後の出演となった9月27日の放送を見た人も多いかもしれない。

 一方、最近の『サザエさん』は、異質な存在感を放つ1人のキャラクターによって、違う意味で注目を集めている。それも含めて、「普通のストーリー展開のアニメや漫画では物足りない」という人のために、有名作品のカオスな展開が繰り広げられた回を紹介しよう。

『サザエさん』に登場する「堀川くん」


『サザエさん』の異質なキャラとは、アニメ版のみに登場する「堀川くん」だ。例えば、「ホリカワくんの卵」(2014年7月20日放送)という回では、1羽のヒヨコに「わかめ」と名付け、卵が生まれたら「真っ先に人間のワカメちゃんに食べてもらいます!」などと言い出す。

 さらに、そのヒヨコが雄だとわかると「堀川二世」と改名、イラストを披露するのだが、そのトゲトゲしいヒヨコの姿は前衛アートさながらだ。びっくりして、猫のタマも逃げ出したほどである。しかも、彼は真顔でこんなことを言って、視聴者をドン引きさせる。

カツオ「すごいよ、堀川くんの絵。タマが逃げていくんだから」

堀川「そんなにほめないでくださいよ」

 半端ではない勘違いぶりを発揮する堀川くんが活躍する回は、まだまだ存在する。

 壁のしみを弟だと思い込んでカツオに紹介したり、磯野家に不法侵入したあげく、それをとがめられると「ごめん、今度は見つからないようにするよ」とズレた返事をしたり……。国民的アニメに突如として現れたぶっ飛んだキャラは話題を呼び、最近は堀川くんのファンが急増中だという。

作者が病んでお蔵入りに? 幻の『ちびまる子ちゃん』


「平成のサザエさん」とも呼ばれる『ちびまる子ちゃん』(集英社)にも、カオスな回が存在する。こちらはアニメではなく漫画の話で、月刊少女漫画誌「りぼん」(集英社/1995年2月号)に掲載された「まる子、夢について考える」だ。

 同回は、洞窟の中で怪しいお面をつけた邪教徒の集団が「神よ、力を与えよ」と叫び踊る、およそあり得ないシーンから始まる。そばには、まる子のクラスメイト「小杉」の死体が転がっている上、その死体にハエがたかっているなど、少女漫画誌とは思えない展開だ。