NEW

哲学的自殺の可能性はあるのか? 小4男児の不可解な首吊り事件と、シュタイナー教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

~【ジャーナリスト渋井哲也のひねくれ社会学】都市伝説よりも手ごわいのは、事実だと思われているニセモノの通説ではないだろうか? このシリーズでは実体験・取材に基づき、怪しげな情報に関する個人的な見解を述べる~

 東京都日野市三沢にある「高幡山」と呼ばれる場所で10月26日、市内在住の小学4年生の男児(10)が遺体で発見された。全裸で、かつ両手足が縛られた状態だったが、第三者による介入の跡がないことから、警察では「自殺」との見方を強めているが、当然この結論に納得のいかない人は多く、ネットでもさまざまな意見が交わされている。

■男児は自殺なの?

syouyonjisatu.jpg
画像は、「TOKYO MX」公式YouTubeより

 男児は26日午前11時ごろ、「遊びに行ってくる」と母親に告げて外出。

 26日は月曜日だが、前日に男児が通うNPO法人が運営する学校で学校祭が行われていたため、振替休日だったのだろう。しかし、夕方になっても帰宅しないことを心配した母親が警察に通報、捜索した結果、遺体で発見された。
 
 全裸の状態で、両手両足が縛られ、木にかけられた紐で首が吊られた状態。

続きは【トカナ】で読む