NEW
食のスタジオ「食の蔵から レシピニュース」

超安い!高級いくら丼のつくり方!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自家製ならいくらが安価に楽しめる


いくらのしょうゆ漬け
 いくらの旬は、秋鮭の旬の9~11月です。いくらのしょうゆ漬けは、買うとちょっと高価な加工品ですが、旬のこの時季には生筋子が100g300~600円前後で購入できるので、手作りがおすすめです。たくさん作りおいても冷蔵で3~5日ほどは持つので、この機会にぜひ「自家製いくらのしょうゆ漬け」を作ってみませんか?

いくらのしょうゆ漬け


【材料:4人分】

生筋子…1/2腹(1本)
食塩水(水5カップ、塩大さじ3)
A(しょうゆ、酒、だし汁…各大さじ3、みりん大さじ1・1/2)

【つくり方】

1.生筋子は40℃前後のぬるま湯に浸けながら手でやさしくほぐす。
2.食塩水に浸して薄皮や血合いを取り除く。きれいになるまで3回くらい繰り返す。
3.ザルにあげて水気をきり、Aに半日ほど漬ける。

自家製だからこそアレンジ料理にも使える!

 
いつもはシンプルに味わって終了!な方も、たっぷり作れる自家製だから、アレンジ料理にもチャレンジしてみてください。いくらご飯にちょい足しするアレンジと、おもてなしにぴったりな豪華なアレンジを紹介します。自家製いくらを存分に味わってみましょう。

いくらとろろかけご飯


【つくり方:1人分】


茶碗にご飯を盛り、すりおろした長いも、いくらをのせ、しょうゆをかける。分量はお好みで加減してください。

秋鮭ちらし寿司


【材料:4人分】


いくらのしょうゆ漬け…80g
生鮭(切り身)…2切れ
ちりめんじゃこ…40g
青じそ…5枚
みょうが…2個
寿司飯…茶碗4~5杯分
錦糸卵…60g
木の芽…適量

【つくり方】

1.生鮭はグリルで焼き、皮と骨を取って身をほぐす。
2.青じそはせん切り、みょうがは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。
3.寿司飯に、1、2、ちりめんじゃこを加えて混ぜ合わせる。
4.3に錦糸卵、いくら、木の芽をのせる。
(文=食の蔵からレシピニュース編集部)

●株式会社 食のスタジオ
メニュー提案と撮影、冊子や料理本の編集を行う食専門の制作会社。1985年設立。社内には管理栄養士やワインアドバイザー、フードコーディネーター、編集者が在籍し、食に関する専門集団をつくっている。当記事は、社内のメンバーが交代で書いている。
過去に作った料理レシピは2万点を超え、2016年に「日本一のレンタルレシピサイト 食の蔵 Food Storage」を開設予定。

・会社ホームページ→ http://www.foodst.co.jp/
・お問合せ→info@foodst.co.jp