NEW

小籔千豊が激怒の一般人による芸能人無断撮影、違法性ない?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 10月22日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、お笑いタレント・小籔千豊が一般人から無断で撮影されたことに怒りを表した。

 小籔は海外から帰国時、空港で入国審査の列に並んでいる際に撮影音に気づき、その方向を見ると学生のグループがいたという。視線を外すと「カシャ、カシャ」と無断撮影が続き、顔を向けるとニヤニヤされるという状況に腹を立てた小籔は、「撮らんといてくれる?」と直接抗議したことを明かした。

 このように、芸能人が一方的にスマートフォンやカメラを向けられる“被害”を申告する例は後を絶たない。さらに、最近は撮影された写真がフェイスブックやツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に掲載される例も多いようだ。

 街中で見かけた芸能人を無断で撮影、さらにSNSに掲載することで法的責任に問われる可能性はあるのだろうか。弁護士法人AVANCE LEGAL GROUP LPCの児玉政己弁護士は、次のように解説する。

「電車内など公共の場で芸能人を無断撮影する行為については、肖像権の侵害、SNSなどに投稿する場合はパブリシティ権の侵害として、不法行為責任が生じる可能性があります。

 肖像権とは、判例上『自己の容貌等をみだりに撮影・公表されないという法律上保護されるべき人格的利益』と定義づけられています。簡単にいえば、『自分の姿を勝手に撮るな』と言える権利です。肖像権は、人間であれば誰もが有する『人格的利益』を根拠として認められるため、撮影対象者が一般人か芸能人かは関係ありません。

 一方、肖像権と似て非なる権利として、パブリシティ権があります。これは、判例上『ある人物の氏名や肖像等(以下、肖像等)が有する<商業的価値(顧客吸引力)>を排他的に利用する権利』と定義づけられています。肖像権と同じく人の容貌等に生じる権利であり、人格権に由来する権利とはされているものの、その肖像等に『顧客吸引力』がなければ生じ得ない権利のため、撮影対象者が有名であればあるほど、認められやすくなる性質があります」

無断撮影で損害賠償責任が生じる可能性も


 芸能人の無断撮影には、肖像権とパブリシティ権という2つの権利が絡んでくるようだ。では、法的責任についてはどうだろうか。