NEW

元猿岩石・森脇和成の芸能界復帰で思い出す、“大ウソ”だらけだった猿岩石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

1104moriwaki_main.jpg
※イメージ画像:森脇和成オフィシャルブログより

 元猿岩石で、有吉弘行の相方として知られる森脇和成の芸能界復帰が話題となっている。復帰第一弾となった『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)では、冒頭のあいさつ以外は、まったく喋る姿が映されず、ネット上では「森脇空気じゃん。この先やっていける?」と早くも将来を心配する声があがった。

 猿岩石を一躍有名にしたのは、1996年に『進め! 電波少年』(日本テレビ系)で行われた「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」である。香港からロンドンまでヒッチハイクで向かう無謀なチャレンジは、多くの感動を呼んだ。

 この企画でも、テレビに映らないところでは、現在の芸風に通ずる有吉の口の悪さは存在したようだ。ただし、企画の主軸は追い詰められた人間が、人のあたたかみや施しにふれてゆく感動ストーリーである。結果、有吉の毒舌に注目が集まることはなかった。

続きは【トカナ】で読む