NEW

不治のサカナクション山口一郎、完治の千原ジュニア。明暗を分けた突発性難聴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_chiharaj001.jpg
2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」 [DVD]より

 J-popの最前線を驀進中のロッカーと、お笑い界の王道を順風満帆で歩むカリスマ芸人が計らずも相前後して「突発性難聴」に見舞われた事実をテレビ番組内で告白。読んで字の如しの症状ではあるものの、「耳」をめぐる両者の明暗はくっきり分かれたようだ。

 人気ロックバンド・サカナクションのボーカリストにしてギタリスト、オリジナル作品の大半を手掛ける山口一郎(35)が、音楽家としての致命傷をカミングアウトしたのは彼の近況を追ったTBS系ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(11月1日放送分)の前半部でのこと。

 聞き手の質問に「(自分からは)あんまり話さないようにしているんですけど…」と前置きし、サカナクションのブレイクを決定づけた曲「アルクランド」がヒットした2010年当時、3日後にツアーを控えた環境で突然めまいと激しい耳鳴りに襲われたとカメラの前で明かした。