NEW

自殺騒動の田畑智子、恋人・岡田の派手な女遊びで精神乱れ…知人に涙で相談か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 女優・田畑智子が5日朝、東京都内の自宅で手首を切り自殺を図ったとニュース番組『みんなのニュース』(フジテレビ系)に報じられた。所属事務所は「包丁でかぼちゃを切ろうとしたところ手を滑らせ、誤って手首を切ってしまったようです」と自殺未遂を否定している。

 田畑は2011年に4歳年上の俳優・岡田義徳との交際が報じられたが、その後の進展がないまま話題になることはなかった。6日には岡田の所属事務所が交際を認めるとともに、事故が起きたのは交際中の岡田の自宅マンションであり、岡田が地方の仕事から帰宅した際に田畑がケガをしているのを発見したと発表した。田畑の知人は語る。

「ここ最近、岡田と復縁して同棲し始めたと聞いています。ふたりは3年ほど前に1度破局しており、破局直前に精神的に参っていた田畑の恋愛相談に乗り、交際には反対しました。岡田さんは女遊びが派手で、京都の老舗料亭のお嬢さんでもある智ちゃんはそのことを気にしていました。それに、岡田さんには結婚の意思がないようでしたから、時には智ちゃんが泣きながら話すこともあり、智ちゃんと親しい人は全員ふたりの交際には反対していました」

 田畑はNHK連続テレビ小説『私の青空』のヒロインや、NHK大河ドラマ『新選組!』では近藤勇(香取慎吾)の妻つね役を務めるなど、元気ではつらつとしたイメージの正統派・演技派の女優として知られているが、岡田と交際後は清純派の殻を破るべく、「清純派朝ドラ女優が脱いだ」とのキャッチコピーを謳い『月刊NEO田畑智子』(11年)でヌードになったり、映画『ふがいない僕は空を見た』(12年)で濡れ場に挑戦したりするなど、“大人の女性”としてその演技の幅を広げていった。田畑と私生活でも親交のある舞台関係者は語る。

「彼女から、朝ドラ女優や元気で明るい三枚目キャラから脱皮したいという強い思いを聞いたことがあります。その一方で、恋愛経験は少なく、とにかく一途な子なのです」

 今回の騒動は、よりいっそう田畑と岡田の仲を強くしたのだろうか。
(文=編集部)