NEW

K-POP人気歌手IUが大ピンチ!? 初プロデュースのアルバムが大炎上で社会問題に

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kpop1110
『 IU CHAT-SHIRE 4th ミニアルバム』(LOENエンターテインメント)

【日刊サイゾーより】

 アイドル歌手としてK-POP界で絶大な人気を誇るIUが、窮地に立たされている。
 
 IUは、10月23日にミニアルバム『CHAT-SHIRE』をリリース。弱冠22歳で初めてセルフプロデュースした渾身の1枚は、各音楽ランキングで1位を獲得するヒットを飛ばし、IUはその才能をあらためて評価された。ところが、ある指摘によって状況は一変する。

「最初に起こったのが、ボーナストラック『Twenty Three』の盗用疑惑。ブリトニー・スピアーズが2007年に発表した曲『Gimme more』で流れるブリトニーの音声を無断でサンプリングしているという指摘が、ネット上で一気に拡散しました。驚いた所属事務所が作曲家に事実確認をしたところ、作曲家が保有していたボイスサンプルから使用したことが判明したものの、サンプルの出どころは不明。ブリトリーの所属事務所に至急、事実確認を依頼したそうですが、まだ回答はありません」(現地音楽ライター)

 IUは、2012年に出演したドラマ『ドリームハイ』で歌った挿入歌「Someday」でも盗作疑惑が浮上し、裁判に発展。今年8月に「盗作は認められない」との判決が下り、ようやく和解に至ったばかりだ。まさに“一難去ってまた一難”だが、このブリトニーにまつわる盗用疑惑もかすんでしまうほど、社会的な大炎上を起こしている曲が、同じくアルバム収録曲の「Zeze」だ……

続きはこちら