NEW

笑わない高齢者は要介護まっしぐら? 「笑い」が免疫力をアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

85713633-2.jpg
笑わない高齢者ほど健康状態が悪い(shutterstock.com)

 仕事でちょっとしたミスをしたとき、「笑ってごまかす」ことはないだろうか? また、はっきりと返答せずに「曖昧な笑い」でその場を切り抜けるのは、日本人の得意技ともいわれている。

 さまざまなシチュエーションにおいて、「笑い」が人間関係を円滑にする触媒になっていることは、誰もが実感するだろう。さらに「笑い」は、健康や長寿にも関係していることが、近年の研究で明らかになりらじめている。

笑わない高齢者ほど健康状態が悪い

 千葉大学や東京大学の研究グループが、65歳以上の高齢者2万人を対象に、笑いと健康状態について調査を行なった。声を出して笑うことが「ほぼ毎日」と答えた高齢者は、男性38%、女性49%。「ほとんど笑うことはない」と答えた高齢者は、男性10%、女性5%。

 そして、それぞれに健康状態を聞いてみたところ、「ほぼ毎日笑う」と答えた高齢者に比べ「ほとんど笑わない」と答えた高齢者のほうが、男性で1.54倍、女性で1.78倍も「健康状態が悪い」と訴えていた。